• フリーランスを目標にして映像制作会社の求人に応募

    映像に関するお仕事に従事したいという時は、映像制作会社が出している求人に応募するというのが一般的なのですが、その後の進路というのは個々により違いがあります。そのまま求人に登録して採用して頂けた映像制作会社に残り続けて仕事をしていく場合がある一方で、途中段階でフリーランスになる方もいます。どちらの形式でも業務内容については変わりないものの、企業に在籍していると高額でハイスペックな機材が使用できるという利点があります。



    しかも、大手の企業が映像制作会社に作成依頼を申し込む事が多いので、大掛かりなプロジェクトに参加できるという利点もあるのです。


    また、税金や経費などの計算についても会社の担当者が行ってくれるので、仕事に集中することができて環境が良いです。

    ただし、慢性的な残業に悩まされやすいという特徴がある上に、働く時間も日々異なるのです。


    祝日でさえ出勤しなければ納期に間に合わないということも多く、数週間休みが確保できていないという方が珍しくありません。

    毎日新聞の専門知識を身につけましょう。

    そのため、体力が続かずに規模が大きめのプロジェクトを諦めてフリーランスになる方も居ます。


    安定するまでは収入面などに悩むことも多いのですが、業務量に応じて収入が増えていくことから、映像制作会社に勤めていた時よりも圧倒的に金銭的に余裕が出たという方も多いです。



    近頃では初めから独立を考えて求人に応募する方も居ますが、やはり映像制作会社では地道に実績を積んでいくことが大切になります。